【電撃結婚】がさ子さんへインタビュー


※この物語はフィクションです。





 がさ子(20)が5日、人気アイドルと結婚したことを各報道者にFAXで報告。昨年末にプロポーズを受けたそうで、お相手はKis-My-Ft2北山宏光(30)とのことだ。 

FAXの全文がこちら。
f:id:mitsu_takay:20160504130654j:image


北山宏光さん所属のジャニーズ事務所は"結婚"とあまり縁のない事務所である。その中でこれまでに共演も熱愛報道もなかったがさ子さんとのいきなりの結婚発表に驚いた人も多いのではないか。そんな中、以前からがさ子さんと親交のある私は新婚ほやほやのがさ子さんの独占インタビューを行い、出会いから結婚までの話を聞くことに成功した。




-本日はご結婚おめでとうございます。
「ありがとうございます。(少し照れたような顔)」



-その左薬指に輝くものは…?
「はい、彼からもらいました。こんなに素敵なリングをもらったのは初めてで…とっても嬉しいです。」



-いやぁ…羨ましいです。今回の結婚報道で驚かれた方も沢山いると思いますが、誰に一番に報告されましたか?
「いきなりのご報告になり申し訳ございません。まずは両親、姉に報告しました。私が昔から彼のことを好きだという事は知っていたので…自分のことのように喜んでくれました。」



-北山さんとの出会いについてお聞きしたいのですが…
「はい。彼とはまずテレビ越しに出会いました。テレビの向こうでキラキラ輝いている彼にどんどん惹かれていきました。ただのファンだった私の前に友人との食事会で現れたのが彼…宏光さんだったんです。最初は驚きすぎて顔も見れなかったんですけど、そんな私に気づいて話しかけてくれて。その時点で私はもう好きになっていましたね(笑)」



-北山さんは何と話しかけてくれたんですか?
「『んな下向いてどーしたの?』と話しかけてくれました。これは後から聞いた話なんですけど、私が宏光さんのファンだということを友人が本人に喋ってたみたいで…(笑)そのことを彼に聞くと『俺のファンなのに一切顔も見てくんねーから俺から話しかけちゃった』と言っていました。」



-その出会いからどのように恋愛へ発展したんですか?
「えっと、その日は特に何もなく終わったんです。それから2ヶ月後くらいかな?また共通の友人を通して会う機会がありまして、その時に連絡先を交換しました。そこから少しずつ連絡を取り合うようになってお互いに食べることが好きだということで食事に行くことになりまして…、初めて2人で食事に行くってなった時は心臓が爆発するかと思いました(笑)何度か食事を重ねて宏光さんの優しさや人柄、笑顔に更に惚れていき、私から告白したんです。」


-がさ子さんからの告白だったのですね
「はい。想いを伝えた瞬間 彼はすごく驚いて『俺が言おうと思ってたのに』って言ってくれたんです。」



-それが…
「一昨年の夏です。」


-結婚を意識し始めたのはいつ頃なんでしょうか?
「お互いに意識し始めたのは去年の夏ですかね。もともと彼も私も結婚願望が強かったんですけど、付き合い始めた頃私はまだ十代だったので…」


-なるほど。プロポーズされたのは昨年末だとお聞きしましたが、どのようなシチュエーションと言葉でしたか?北山さんは某番組で色々なシチュエーションを演じていますが…
「あの番組は私も一ファンとして拝見しています。7位ブサイクを取っても私の中では全部彼が一位なんですけど(笑)ってそんな事は置いといて、プロポーズですか。家で、2人でご飯を食べている時にいきなり『結婚しよっか』って言われました。彼はそのまま普通に味噌汁飲み始めるし、突然だったんでびっくりしちゃってしばらく何も言えなかったんですけど、食べる手を止めて『俺と結婚して下さい』って言われたので「よろしくお願いします」って言いました。……ふふ、なんか照れますねこれ」



-某番組で「かっこいいプロポーズの仕方」をテーマにランキングをつけるとすれば、このプロポーズはランキング何位に入る思いますか?
「そりゃもちろん一位です(満面の笑み)」


-ありがとうございます(笑)ここでインタビューはお終いになります。お話を聞かせていただきありがとうございました。この度は本当にご結婚おめでとうございます。








インタビューは終始笑顔だったがさ子さん。日程はまだ未定だが、近々都内でツーショット結婚会見を行うそうだ。

きすまいで妄想

キスマイの7人がもし○○だったら、というお題で書いていきたいと思います。ただの私の勝手な想像、妄想にすぎませんのでそこんとこヨロシクお願いします。

 

女子高生だったら

北山:小さくてナイスバディなきゃぴきゃぴ女子。目は特別大きいわけじゃないんだけどくりくりしてて唇がぷっくりしてて、男子たちが可愛いって噂してるの良く耳にする。授業中はよく寝てるんだけど成績は二階堂高子よりも全然良くて「宏子いつも寝てるのにずるい」ってよくぶーぶー言われてる。宏子が一番生き生きするのは体育祭。宏子が走ると男子たちが鼻の穴膨らましながら胸元見てるから「ちょっと!男子変態!」って千賀健子が言うんだけど宏子は別に気にしてないみたい。

千賀:女子力めちゃ高いセレブ女子。修学旅行で一緒にお風呂に入ったんだけど、お風呂上がりのスキンケアにかける時間が長すぎてびっくりしちゃった。男子が大きい声で下ネタ言ってると「もう男子ってみんな馬鹿なんだから!」って顔隠してる。授業中に健子のほうを見ると口角体操してて怖い。

宮田:常におどおどしてるアニメ大好き女子。高子と健子が俊子を遊びに誘っても「今日は○○の放送日だからごめん」って断られてるの良く見る。なのに玉森裕子の誘いは毎回断らずに行ってるらしい。たとえ大事な大好きなアニメの放送日でも断ろうとすれば裕子がぷちギレするから「わ、わかったよぉ~裕子~」って裕子のこと追いかけてる。

横尾:滑舌は悪いがスレンダーな美女子。頭も良くてしっかりしてる。授業中にも関わらずギャーギャー騒いでる高子に注意する光景をよく見るけど、噛まないかヒヤヒヤする。藤ヶ谷太子と放課後によくカフェに行ってるらしい、オシャレだなぁ。クラスの打ち上げでカラオケに行った時に初めて歌声聴いたけどみんな笑ってた。

藤ヶ谷:フェイスラインが綺麗な天然女子。本人は真面目なんだろうけど時々「?」ってなるようなことを言っちゃうところが男子からすれば「めっちゃかわいい!」らしい。何故か冬でも肌が黒いんだけど日サロにでも行ってるのかな?北山宏子とは中学からの同級生らしいんだけど、あんまり話すところは見たことない。1つ上のイケメンな先輩と付き合ってるって聞いた。

玉森:ふわふわモテモテ美白女子。裕子は背が高くてスタイルが良くて色が白くて(おっぱいはあんまりないけど)、すごくモテる。性格はふわふわしてるんだけど時々何考えてるかわからない謎のオーラが漂ってる。男子は「その謎なとこも惹かれるよな」とか言ってる。ふわふわしてるんだけど俊子には当たりが強くて、でも俊子のことがすごく好きなのが伝わってくる。そのことを裕子に言うと「好きじゃないし」って言うんだけどね。

二階堂:おバカでうるさい問題児女子。高子はクラスに1人はいるうるさい女子。授業中は喋ってるか寝てるかのどっちかで、起きてるのに静かな時は健子にいたずらしてる時くらい。成績が悪くてテスト前は授業中いつも寝てる宏子に勉強を教えてもらってるらしい。2人ともノートとってないから俊子に借りてね。(ノートが綺麗なわた子に借りようとしても「寝てるのが悪い」って怒られるから優しい俊子に借りるんだって)


幼稚園児だったら

北山:年長さん。先生たちはみんな「みっくん」って呼んでる。みっくんは頑張り屋さんで何が何でも最後まで諦めないでやる子。そして色々なことに興味を持ってひらがなも上手だしハサミの使い方も上手。外の自由遊びではよく男の先生とサッカーして泥だらけになって帰ってくるから毎日保護者に謝ってる。女の子に好きな子だあれ?って聞くと「あのね…みっくん。せんせ、ひみつにしてね?」って何人もに言われてるからこの子モテモテだわ。

千賀:年少さん。けんとくんは目がくりくりしてて最初はハーフなのかと思った。体操の時間が1番好きらしくて、音に合わせて楽しそうに踊ってる。外の自由遊びでは女の子の仲良しなお友達とお砂遊びしたり、たかしくんと追いかけごっこしたりしてる。けんとくんに足トントンされて、しゃがんで「どうしたの?」って聞くと「せんせい、だいすき」って耳元で言って去ってった日は嬉しくて涙出そうになった。

宮田:年中さん。としやくんはすっごく優しくて、先生にもお友達にも優しい。使ってたおもちゃを横取りされてもニコニコしながら「いいよ」って言うし、ゆうたくんに物投げられてもニコニコ笑ってる。先生がゆうたくんとお話しして謝ることを促しても「やだ」って言うからため息が出そうになるけど「せんせ、ぼくはへいきだよ」って言うからこの子はなんていい子なんだ…!ってなる。

横尾:年長さん。わたるくんは「もうすぐしょうがくせいになるから」が口癖ですごくお兄ちゃん。外の自由遊びでは年少さんの面倒を見てて、先生たちはそんな姿にほっこりしてる。お兄ちゃんが2人いるからそんな姿も見て真似してるんだろうな。最近はお母さんの料理の手伝いもしてるらしくて、お弁当に不格好な可愛いおにぎりが入ってて「これおれがつくったの」って見せてくれる。

藤ヶ谷:年長さん。あだ名はたいぴー。幼稚園児のくせに女の子に「○○ちゃんのことしあわせにするね?」って頬にキスしてるところよく見るからこの子の将来がいろいろと楽しみ。みっくんがサッカーをしてるところを時々じっとみてるから「たいぴーもサッカーしてきたら?」って言うけど「よごれるからいや」って言われちゃった。この間のお遊戯会で赤ずきんちゃんをやった時にオオカミ役をやったんだけどその姿が可愛くって保護者たちに大評判。

玉森:年中さん。ゆうたくんはいつもはふわふわしてるんだけど、としやくんにはモノ投げたり戦いごっこで床に押し倒したりして見ててヒヤヒヤする。としやくんのことが大好きな彼なりの愛情表現っぽいけど、何しても謝らないから先生は少し困ってる。お弁当は「せんせーこれ食べれなーい」ってよく残しちゃうからいつも先生の横で食べてる。

二階堂:年少さん。たかしはきすまい幼稚園の中でもナンバーワンのやんちゃ。走り回るのがだいすきで「部屋の中は走りません!」って何度も言うけど聞かない。外の自由遊びでは年長のみっくんとサッカーをやって泥んこになって帰ってくる。最近は「もうすぐみっくんしょうがくせいになるんだって!おれもなる!」ってよく言うから「たかしくんは、あと2年ここの幼稚園に通ったら小学生になれるよ」って言うんだけど「おれもなる!」って聞かない。


 

 

北山くんと○○をしてみた



暇すぎて暇すぎて何をしようか考えた結果、わたしの脳内はいつでも妄想ばかりが埋め尽くされているのでその妄想を文字に起こそうと思った。

今から書く記事は本当くっだらないわたしの妄想(+ギャグ)でしかないからサラッと見てね〜〜薄っぺらいことしか書いてないよ〜〜






北山くんとあっち向いてほいをしてみた。

雑誌読んでる北山くんに「あっち向いてホイしよ?」って言ったら、「ふはっ、しねーよ」って笑ってくるから「いいじゃんいいじゃん、お願い」って駄々をこねてみると「ったくしょーがねーな、一回だけな」って雑誌を置いて座り直してくれるから、気持ち悪いほどのニヤニヤ顔でジャンケンしてあっち向いてホイするけど「ジャンケンポン!あっち向いてホイ!…あ、」って一回で負けて「はいおしまーい」ってまた雑誌読み始める北山くん。



北山くんとしりとりをしてみた。

わたし「しりとりしよ!」
北山くん「りんご」
わたし「ごりら」
北山くん「らっぱ」
わたし「ぱんつ」
北山くん「つみき」
わたし「北山くん♡」
北山くん「おまえの負け」
わたし「あ、うそうそ!きたやまひろみつ!」
北山くん「つり」
わたし「りす」
北山くん「すずめ」
北山くん「かき」
わたし「北山くん♡」


北山くんとシーソーに乗ってみた。


いつもと違う道で家まで歩いてる時に見つけた公園。「こんなとこに公園あったんだねー!知らなかった〜」「な、」「ちょっと遊んで行こ」懐かしいねって笑い合いながらブランコとか滑り台とかで遊ぶ。シーソーに乗って足を浮かせるんだけど水平を保ったままで「!?」何で?北山くんと体重同じなの!?ってなってると、北山くんが「あっあっあ、」って笑ってくるからよく見たら北山くんがこっそり足を地に着けてバランスをとってるだけで、もー!ってプンスカするんだけど、北山くんが足離したところでそこまで私が上にならなくて「なんで!?なんで!?そんなに体重重いかな!?」って1人でパニックになる。その図をひたすら笑う北山くん。

痩せよ、、、。


北山くんとポッキーゲームをしてみた。

ベタだけど11月11日にいろんな種類の長細いお菓子を買って帰る。顔をひょこっと出して「おかえり、何か買ってきたの?」って言ってきた北山くんに「今日はポッキーの日だからポッキーいっぱい買ってきた」って袋の中見せてみると「ポッキーじゃなくてプリッツじゃん、これトッポだし」って言うから「いいの!長細いから!これはポッキーだもん」って沢山買ってきた中からポッキーを出して見せる。

「ってことで、ポッキーゲームしよ?」って少し上目遣いで言ってみる。そしたら、じとっとした目でこっちを見て何も言わないから今度は「…しよ?」ってかわいい声で言ってみる。そしたら鼻の下伸ばすからきっとそれはオッケーのサインなので、ソファーに向き合うように北山くんを座り直させてその前に座る。ポッキーを咥えて北山くんに近づきポキポキ食べていって、途中照れてふふって笑っちゃうんだけど折らないように頑張る。

北山くんの唇と私の唇がくっついたので「折れなかったね」って唇離すんだけど、そのまま手のひらで頭をグッと抑えられてキスされて「チョコの味する」ってニヤッとするんだ。ずるい。


















ふう〜〜〜〜〜なんかよくわかんないことひたすら書いてるだけになってしまったね?北山くんとの妄想するときの私って大体アホっぽいよね。まあ実際アホなんですけども。北山くんとはふざけあってからかい合って笑い合えるような関係でありたいな〜〜〜〜〜!「ガキ」って言われて「そんなガキが好きなのは誰?」ってぐふぐふしながら聞きたい。そしたら「しーらね、そんなヤツいんの?」って笑ってね。


以上でよくわからない妄想劇を終わります。また北山くんと何か(妄想の中で)したら書きますね〜!!!また会う日まで〜!!!

2015年を振り返ってみた



今年も残すところ4日となりましたね。早かったな〜、あっという間だったな〜。私個人的にも就活やらなんやらで大事な年だったので1年を駆け巡った記憶があります。そんな(どんな)2015年を一月ひと月振り返ってみようかなと思いブログを書いてみました。

わたしのポンコツな脳みそは「記憶」という機能があまり優れていないので今わたしの手元にある手帳を見て思い出しながら書いていきたいと思います。もちろん北山くんのこと、キスマイのことを主に書きたいと思いますが印象に残ってることであれば全く関係ない話も出てくるので興味ない方はサラーっとスクロールして下さい。


☆1月

・キスマイを見ながら年を越す

今年の2015年は北山くんを見ながら年越しだ記憶がある。何故か当たる気満々だったCDTVの観覧にもちろん当たるわけもなく応募した友人とCDTVを見ながら「あけおめーー!ことよろーーー!」って叫んだ。お酒飲んでる北山くん可愛かったな。


・新春Kis-My-福袋〜今年もよろしくThank youじゃん!〜に行く

1月7日、8日と3部に入らさせていただいた。両日学校があったためニヤニヤワクワクしながら講義を受けていた。講義が終わり電車に揺られついた横浜アリーナ!!!

f:id:mitsu_takay:20151227103034j:image

写真がこれしかなかった。

肝心の中身はあまり覚えていない。特に北山くんのことを覚えていない。なんせわたしは記憶という機能が優れていないからだ!!!覚えているのはニカちゃんの顎が出ていることくらいだ………



☆2月

・Kis-My-JourneyのLIVEDVDが発売される
手帳に書いてある予定がこれくらいしかなかった。なんで薄っぺらい人生なんだ……誰かお友達になって……。

当時のわたしはノート一冊分の手書きレポートに追われていたのでjourneyを見るために必死に頑張っていた。北山くんのうちわを掲げたり、journeyが入っているダンボールの上でレポートを書いてみたりもした。でも終わらない。終わらないジャーニージャーニー♪って感じで終わらなかった。そしてあと少しのところでわたしは我慢できなくなってダンボールを開けてしまったのであった。(その後しっかりレポートを書き終えて単位いただきました。)

北山宏光 滝沢歌舞伎出演決定
これはよく覚えてる。なんせ実習の休憩中に携帯を開きパニックになったから。なんの休憩にもならんかった。


☆3月

・Kiss魂が発売された
曲名解禁された時にはな、なんじゃこの曲名wwキッスwwキッスだましいwwとバカにしていた。ラジオで初解禁された時には な、なんじゃこの曲ww投げキッスで告げるゴーサインwwwwとバカにしていた。が!!聞けば聞くほど好きになっていった。今でもよく聞いている。

☆4月

・えむってばんきょうに行く
MステでKiss魂を披露したあの場にわたしはいた。ばんきょーがうるさいだのどーだの言われてるのは分かってたしわたしも思っていたが筋肉痛になるほど練習をさせられるとは思ってもみなかった。わたしは「何をやっているんだろう…」と思いながらジャンプしていた。こんなに必死に踊ったんだから少しは映ったよね!?!?と思いながら帰宅して録画を見たがわたしのワンテンポずれたジャンプが一瞬しか映ってなかったのでわたしは泣いた。(訳:メンバーを沢山映していただき誠にありがとうございました)
その次の日のリリイベでメンバー達にMステのばんきょーを馬鹿に?されたことは今でもよく覚えてる。爆

・滝沢歌舞伎観劇
4月22日の夜公演、私は学校帰りに東銀座に向かった。この日は運よくDVD撮影の日だったらしい。
f:id:mitsu_takay:20151227203221j:image
初めての舞台観劇でドキドキとワクワクが止まらなかった。滝沢歌舞伎となるものがどんなものかも知らず、レポを見ても何が何だかわからなかった私だったが観劇してみるとなんとも言えぬ気持ちになった。コンサートやイベントの時とは違う北山くんの表情や姿を見て涙を流しそうになった。

☆5月

・手相を見てもらう
大学の友人とお金を払って当たりそうな占い師に手相を見てもらった。あんまり覚えてないが結婚はできる、子どもは2.3人できる、かかあ天下になる、夫はおこづかい制、夫にも子どもにも恐れられる母になると言われた。「あんた(夫)!!北山くんの番組消したでしょ!?レコーダーいじるなって言ったじゃん!!来月のおこづかい減らすからね!!」「あーんた(子)も、テレビばっか見てないで勉強しなさい!あああ、北山くんの番組はじまるぅう!」ってことだろうか???なんて騒がしい母だ。でも私の理想の家族だ。

ONE OK ROCKのLIVEに行く
ジャニーズにハマる前からずっとすきなONE OK ROCKのワンマンで横アリに2日間行ってきました。一緒に行った友人も実は小瀧担のジャニヲタ。ワンオクのTシャツを着てワンオクのLIVEのグッズ列に並びながらも「ねー!もしキスマイ(ウエスト)とワンオクのLIVEが被ったらどっち行く!?」「選べなーい!」などと選ばなくても良い二択で頭抱えたり「このラジオがやばい…」と北山くんの囁きボイスを聞かせたりと騒がしかった。2日目はニット帽からワンオクグッズで原宿に歌舞伎のお写真を買いに行った。2日間は北山くんのことが頭に入らないと思いきやグイグイと脳みそにのめり込んでくる北山くん…つよ…。

☆6月

・感情の変化
私の中で何か感情の変化が起きた。(のちのち勘違いだと気づく事を分かって読んでほしいです。笑)2週間の実習で、今までにない忙しさで携帯をしっかり見る暇もない、北山くんを見る暇もない、北山くんの声を聞く暇もない、そんな期間があった。するとなんだろう、実習が終わった時には私、北山くんを見てなくても生きていける!!と意味もわからない感情がふつふつと沸き上がった。

☆7月

・続 感情の変化 
そんな感情を持ちつつ7月11.12日とさいたまスーパーアリーナでのワンオクのライブに2日間行った。ジャニーズのライブとは違って手を挙げてジャンプしまくって頭振って汗かきまくって、それが楽しくて楽しくて…。ジャニーズのライブには違う楽しさがあるのは知ってたが、この時はこんなに楽しいライブは他にないと思ってた。飛んだ勘違い野郎だ。

・キッスだま(しぃ)
あの焦らしプレイからのキッスだま(しぃ)はいつまでたっても忘れられない。
f:id:mitsu_takay:20151227212222j:image
眩しくて眩しくて私にはこう見える。かっこよすぎて抱き捨てられた感がはんぱなかった。あの日の衝撃は強かった……

Twitterを辞める
今あの頃の自分にかける言葉があるならこうだ。「こんの、ばかやろー!!!!」あの時の自分の行動を思い出すと今でも笑える。飛んだ勘違いの感情の変化から私は「Twitterを辞めます」と宣言した。その頃の私は本気で北山くんへの気持ちが薄くなった、辞めるなら今だ…と思っていた。作り直す気はもちろんなく、ライブに行くのもワールドで最後だ、とも言った。今あの頃の自分にかける言葉があるならこうだ。「ばかやろー!!!!」

☆8月

・新しいアカウントを作る
………。いやバカですよね分かってます。辞める時にたくさんの方にリプライをいただいて、「新しいのは作る気は今のところないです」と言っておいて実はすぐ作った。本当に作る予定はなかったんだけど、ヲタ垢を消して2.3日経った時に北山くんの情報が何も入ってこない恐怖に襲われた。そして閲覧用で新しいアカウントを作った。

・アカウントがバレる
どんどんこのアカウントがばれていった。そして私は「復活しました☆ぺろぺろ」と吹っ切れることに決めた。

何なんだ。 


☆9月

・Kis-My-WORLDに行く
これが今年の大イベントと言っても過言ではないんじゃないでしょーか!!去年のjourneyでは2日間天井+双眼鏡を忘れるという非常事態に見舞われ北山くんが豆粒サイズでしか見れなかったのだが、今年はありがたいことに3日間ともスタンドの前列あたりで北山くんをこの目で見ることができて嬉しかった……。あ、私北山くんのこと好きだ……と改めて感じた。 

そして色々な方とはじめましてをした。同じ人を好きな人と会うのは楽しい!!!みんなで北山くんを愛でるのが本当に楽しい!!雨で天パの髪の毛にアイロンかけてる魔法が解けてぱっぱらぴーで色々な人に会ったことだけが悔いとして残った!!

☆10月

・速水翔に出会う
1話と2話は実習期間でリアルタイムで見れず3話からの参加になったが、放送中のみんなのツイートが楽しい。物語が謎でんんん?っていうツイートが多い中速水きゅんがでると「んぎゃああああああ」「速水きゅんんんんんん」「どうてい速水きゅんんんんんん」「感度良好んあああああああ」ってなるTLが好きで好きで仕方なかった。

☆11月

・LIVEDVDフラゲのために必死になる
某な○つんさんとフラゲ日に鑑賞会をする約束をした。2人ともあまぞんさんにお世話になっているのだがフラゲできるのかできないのかわからず必死になってる様子を少しだけお見せしよう。(許可なし)(いつもの仕返し)
f:id:mitsu_takay:20151228001224j:image
調べて調べた結果プライム会員になればフラゲができるとのことで、プライム会員の30日体験に加入してみた☆だが1つ問題がある。その日私は3限まで学校がある。フラゲ日に頼んだはいいが受け取れるのか……。受け取れなかったらみんなで笑ってくれーーーー!!!

・ナニキタでメールを読まれるhttps://twitter.com/mitsu_takay/status/670590938306097152

土曜日の21時50分ってなかなかラジオのことを忘れる時間で、いつも22時過ぎに「あっ……ナニキタ……」って思うことが多かったが、この日はたまたま聞いていた。ナニキタが始まる5分前にテレビでラジコを開き、スタンバイしていた。そしてるんるんで聞き始めたはいいが1番最初のお便りで「ラジオネーム、ゆりぴさん」と北山くんが言った。「ん????」と頭の中がパニックになった。質問の内容がくだらなさ過ぎて覚えていなかったが急いで送信メールを見に行くと、同じ内容を書いたものを送信していた。うわあああああああ誰だよ…こんなにくだらない質問したやつぅうううう、と思っていたら北山くんの口から「こんな感じで、いい意味でどーでもいい質問がね…たくさん、ふっ、まぁどーでもいいってのはね…アレですけど。いやまぁどーでもいいったらどーでもいいでしょ!あっあっあ」って、どーでもいい質問いじりをいただいて私の心臓バックバクや。ありがとう神様〜〜!!!

☆12月

・就職先が決まる
周りの友人がどんどん就職先が決まってる中、なかなか決まらない自分に少し焦りがあった。私の方が早く受けたのに私よりも先に内定の連絡をもらう友人もいて本当に焦ってた。でもやっと内定もらったよーーー!お母さーーん!
ツイッター上でも応援してくれた方々もいて、いい報告が出来てとても嬉しかったです。来年からはポンコツ野郎な私も社会人になります。頑張ります。







はい。そんなわけで一年振り返ってみたけども……なんかこう書いてみると薄っぺらいようなそうでもないような(笑)でもあっという間な2015年だったなー!ちなみに2014年からヲタ垢はあったものの、皆様とこうやってお話をするようになったのも2015年から!この1年でたくさんお友達ができました。


来年、2016年も毎日騒がしく北山くんを愛でていきたいと思いますので何卒宜しくお願い致します!!!

そしてこんなどうでもいいブログを読んでくれたそこのあなたに感謝して!!!


良いお年を〜〜!!!


どんな形でそばにいたいか。



私はつい先日このようなアンケートをツイートした。313名の方がアンケートに答えてくれて心底嬉しいです。ありがとうございます。



 私は自分で呟いたこのアンケートに1日中頭を悩ませました。もしも私が北山くんにとっての○○になれるとしたら何を選ぶのだろうか。もう一度言うがあくまでもしもの話。


アンケート結果から分かるのは313人中の66%(約200人)は彼女になりたいということ、次に幼馴染が14%(約40人)、セフレが13%(約40人)。そしてなんと女友達は7%(約20人)。

んー、正直驚いた。こんなにも女友達が少ないことに驚いた。なぜなら私は女友達を選んだから!!!

1つ1つの私の妄想をツイッターという140字という限られた中で文章にするのはとても難しかったので、今回このブログを書こうと思ったまでです。………ということで今から1つずつ妄想していいですか?

(いいですよ〜!)

ありがとうございます。今から書くことはすべて私の完全なる個人的考えと妄想です。そして全て私は北山くんのことが好きという設定です。



彼女になる妄想は今までも散々してきたけど、本当に本当の北山くんの彼女になる人はきっととんでもない人だと思う。あの北山くんから愛されて必要とされる女性はとんでもない人だと思う。知らんけど。

私が思う北山くんは愛を愛で返してくれる人。与えた分はきっと同じ分返ってくるだろうし、なんならもっと大きく返ってくるかもしれない。だって北山くんは彼女の「横に居れるのなら世界を敵に回せる」し、彼女から「溢れる全ての感情抱きしめ」てくれて「愛の言葉何度だって伝えて」くれる男だから。


私が北山くんの彼女になれる日、愛される日が来たとしよう。私はどうなる??きっと嬉しくて嬉しくて幸せで幸せで好きで好きで好きで仕方なくなると思う。でもそれと同時に今までは感じることのなかった幸せを失うことの恐怖、周りに相談できない孤独心、周りを気にしながらの生活の苦しさがつきまとうだろう。北山くんが仕事で疲れて帰ってきた時、仕事でミスしてしまった時、自分には何ができる?北山くんに会えない日々が続いてる中、テレビの向こうで女とくっついて笑ってる彼を見ながら私は何を思う?もしも別れが来た時、一度北山くんの包容力を知ってしまった私はその先どうなる?北山くん以外の男で感じることができる??そこまで考えて私は彼女で居られる自信がない…と思った。

 


ここからは完璧なる妄想の物語です。


幼馴染の宏くんは、出産数日後に私の母とともに退院してきた私を見て「猿みてーだな、かわいい」って言ったんだって、お母さんが言ってた。一人っ子の宏くんは隣のお家に赤ちゃんが生まれるって知った時からワクワクして仕方なかったんだって。宏くんかわいい。宏くんが高校をスポーツ推薦で入ったほど実力のあるサッカーを辞めてジャニーズに入るって知った時はすごく驚いたと同時に遠い存在になるかなって不安に思ってたけど、宏くんはいつまで経ってもずっと変わらない宏くんなの。家もよく行き来してたしお兄ちゃんのような存在の(でもいつの日かから恋愛対象と見てた)宏くんが実家を出て一人暮らし始めるって聞いた時は流石に落ち込んで1週間寝込んだけど。最近はテレビで見ない日は少ないし(←チェックしてるからだけど)、幼い頃からよく知ってる中居さんと話してる宏くんを見るとすごいな…遠いな…って思うけど帰ってきた時には必ず直ぐに私の家をピンポンしてくれる宏くんはやっぱり宏くん。

インターホンの履歴を見て宏くんが帰ってきてることを知った私は速攻宏くんの家に行きピンポンを連打して、出てきた宏くんに「ったく、うるせーよ!1回鳴らしただけで出「おかえり!!!」「うをっ」ってギューーーってするんだ。そしたら「ふっ、ただいま」っていつも変わらない笑顔で優しく微笑んでくれるから…好き……、はぁ…いつまで経っても彼氏ができないのは宏くんのせいだ…。



宏光とは大学で出会ったんだけど、入学した時にはもうジュニアで活動してて見た目もまあギラギラしてるからよく目立ってた。まあきっとモテてただろうし、いろいろな噂も聞いてた。

私と宏光が話すようになったきっかけは、私がどうしても焼き鳥が食べたくてビールが飲みたい日があって友人を誘ったんだけどみんなに断られ続けたから諦めて学校帰りに1人でカウンターのある居酒屋に入った時。一番端の席にキラキラした髪の毛の男が1人で焼き鳥食べてたの、それが宏光。「隣いいですかー?」って聞くと「…?ああ、いいっすよ」って、きっと私のこと知らない。


同じ大学だと告げてからは、共通の知り合いだとか教授の話で大盛り上がり。そして話すうちにお互い酒好きで食の趣味も合うことが分かりその場で連絡先交換して、月に一度は飲む仲になった。私の男っぽい性格も含めて友人として好いてくれる宏光が私も好き。私は恋愛の好きだけど。


時が経ち周りが就活してる時も宏光はジュニア活動を頑張っていて、私が内定もらった時はおめでとう、ありがとうって乾杯した。それからまた時が経ち今となっちゃ宏光は国民的アイドル?になったけど、相変わらず"行くべ?""行く"だけの会話であの焼き鳥屋さんに集まるし、恋愛話から仕事の話までお互いに何でも話せる仲。いつから宏光のことを好きになったのかは覚えてないけど、一生気持ちを伝える気はない。

今も目の前で「あー今度あいつ(彼女)のプレゼント買うの付き合ってくんね?」って言いながら焼き鳥を食らいついてる宏光に「ん、いーよ。じゃースタバね♡夜のビールでもいいけど」って言える女はきっと私だけだし、「あいつには言ってないんだけどさー」って彼女だからこそ言えない事を聞ける女は私だけ。彼女になりたいって何度も思ったけど宏光はそんなこと思ってないだろうからこのままの関係が1番いいなって思う。ずるいけど、気持ちを伝えずに宏光のそばにいれるなら今の「早く彼氏作って紹介しろよ?」今「あ、俺が紹介しよっか?」今のまま「ねー聞いてんの?」…今のままがいい「おーい」

ってうるさいな宏光!余計なお世話だ!!あんたみたいな彼氏がほしいよ!!!




北山くんから"今夜暇?仕事終わったんだけど"って連絡があればもちろん"暇だよ"って連絡する。きっと北山くんが求めてるのは私じゃなくて私の身体なんだろうけど、それでも私は北山くんに会いたくて会いに行く。

最初は私も恋愛感情はなかったし北山くんの身体が欲しくて求めてた。今まで彼氏とのセックスでさえ気持ちいいと思ったことは少なかったけど、北山くんとのセックスは自分でも驚くほどの快感が走った。きっと北山くんもそう思ってくれたのか初めて身体を重ねた日、連絡先を交換した。ジャニーズで活動してたのはなんとなく知ってた私はきっとこれでこの人と会うのは最初で最後なんだろうなと思っていたが…、今ではいわゆるセフレ。

私がただ単に寂しくて"会える?"って連絡しても北山くんは私がシたいから呼んだと思ってるんだと思う。違うんだけどね。別にからだは重ねなくてギュッと抱きしめてもらうだけで幸せなんだけどね。そんなことは言えないから涙を流しながら抱かれる。

北山くんは行為中絶対に「好き」って言わないし今付き合ってるだとか仕事がどうだとか、そんな話もしない。ただ抱かれるだけ。でも、それでも気持ちを伝えたらきっとこの関係も終わってしまうから何も言えない。
彼女は私と違って愛されながら抱かれるんだって羨ましい、彼女が羨ましいって思いながら今日も抱かれる。













今思ったんだけどさ、書いてて思ったんだけどさ、私がなりたいのって結局彼女じゃないのか???1番最初に彼女で居られる自信がないって言ったはいいけど全部の項目で「彼女にしてほしい」「彼女になりたい」「彼女が羨ましい」って言っとるやないかい。何なんだ。何だったんだ。「私は女友達を選んだ」って言ってたの誰だよ。何なんだ。何だったんだ。




(結論)北山くん、私を彼女にしてください。(BGM:FORM)


何だこれ。